リース業者を選ぶポイント - コピー機リースマッチング

コピー機リースマッチング

リース業者を選ぶポイント

オフィスに必ず必要になるものはいくつかありますが、コピー機もその中のひとつだと思います。
とりわけコピー機は新品を購入するとなると高額になるため、新しいオフィスを立ち上げたばかりのときには少しコストがかかりすぎる場合があります。
そんなときに便利なのがリースで、リースなら月々のリース料金を支払えば新品のコピー機を導入できますし経費として計上できますからコスト削減にも役立ちます。

それではリース業者を選ぶときのポイントはどんなところにあるのでしょうか?
今回はその点を紹介していきたいと思いますので、これからコピー機の導入を検討している人はしっかり頭に入れておいてください。

まずはじめにリースは基本的に3年から6年程度の長期契約をすることになりますし途中解約ができませんので、契約を結んだ時点で長期的に付き合っていくことになります。
したがってリース業者がどういった特徴を持っているかがとても重要になりますし、その点を把握しないまま契約するのは大変危険です。
たとえば毎月のリース料金はとても安く宣伝しているにも関わらず、最終的に契約を結んだあとでいろいろな名目の手数料を請求してくる悪質な業者もありますから注意しましょう。

また、非常に重要になるのが「コピー機のメンテナンスはどこがやるのか?」という点で、これは長期契約を結ぶからこそ明確にしておかなければならない部分です。
基本的にリースは所有権自体リース業者にあるものの、リースの契約を結んだだけではトラブルがあったときに自分たちで対応しなければなりません。

しかしほとんどのリース業者はアフターフォローをしっかりするための保守サービスをしており、これをカウンター料金と呼ばれる月々の使用枚数に応じて設定しています。
この保守サービスを受けられる契約をしておくとトラブルがあったときにも対応してくれますから、リース料金とカウンター料金の両方を明確に提示しているところを選ぶのがポイントになります。

top