リースの流れ - コピー機リースマッチング

コピー機リースマッチング
Home » コピー機リース情報 » リースの流れ
コピー機リース情報 | 11月03日更新

リースの流れ

新しいオフィスを立ち上げるときにコピー機は必ず必要になるものですが、コピー機は新品で購入すると非常に高額になりますし10万円を超える製品がほとんどですから固定資産になってしまい、経費として計上することができません。
また、オフィスを立ち上げたばかりのころはいろいろなところにお金がかかりますので、できるだけ備品にかかるコストは削減したいと思うのが当然です。

そんなときに便利なのがコピー機のリースで、リースなら月々のリース料金で利用できますから初期費用も購入するよりかなり抑えられますし新品のモデルを導入できるのでおすすめです。
また、リースは所有権が自分たちではなくリース会社にあるので固定資産にはなりませんから、経費として計上できるところもメリットです。

それではリース会社を利用するときの流れを説明していきます。
まずリースするにあたって会社経歴書や財務諸表を用意し、それを基にリースが可能かどうか審査をします。
リースはおよそ3年から6年程度の長期契約となり、途中解約ができませんので支払い能力がある企業かどうかをチェックされます。
審査で問題がなければそのまま契約となりますが、その際に契約書に企業の代表者印押印や印鑑証明、現在事項全部証明書の添付が求められる場合もあります。

契約が成立すればあとは導入の日にちを決めてオフィスへ設置することになりますが、その前に必ず見積を出してもらうことを忘れないでください。
現在リース会社は非常に多くなってきていますので、できるだけ自分たちの求める製品を求める料金でリースしてくれる会社を選ぶためには複数のリース会社から見積を出してもらうことをおすすめします。

見積を出してもらう際に必要になるのが月々どれくらい使用するかという点で、これは新しいオフィスの場合なかなか難しいかもしれませんが、業務内容と照らし合わせておよその枚数を出してください。
比較をしておくとリース会社の特徴も分かりますので一石二鳥です。

top